フィラリアの薬の種類

 

日本で良く使用されているフィラリアのくすりに「カルドメック」と言うくすりがあります。

 

ですが、同じメーカーの同じくすりが海外では「ハートガードプラス」そのジェネリック医薬品が「ダイロハート」になります。

 

いろんな名前で発売されていますが、実はどれも同じ成分で同じ効果を得る事ができます。

 

犬の好みに合わせて、錠剤、チューアブル、首にたらすと3種類があります。

 

錠剤は小さいので、食事と一緒に混ぜる事で簡単に摂取する事ができます。

 

チュアブルタイプは、お肉の味付けで見た目もお肉の様になっていますので、犬によってはこちらを好む場合があります。

 

上記の2点は口からの服用になりますが、どうしても口からの服用を嫌がる犬の場合には首の後ろにたらすだけで効果がある液状タイプもあります。

 

液状タイプは簡単なのでが、やはり服用する方が確実な効果を得る事ができます。

 

またペットの年齢や大きさによってお薬の量がちがいますのでその点は注意して使用する必要があります。

 

当サイトでもいろんな種類のフィラリアのお薬をご紹介していますので、ワンちゃんがお気にいりの一つを試して目て下さい。

 
トップへ戻る