犬のフィラリア予防

フィラリア 人間

フィラリア 人間

 

フィラリアは感染した犬の血を吸うことで。蚊の体内にフィラリアが移動してこのミクロフィラリアは蚊の体内で何回か脱皮をして感染力の高いミクロフィラリアに成長し、その後その蚊が別の犬お血を吸うときにその犬に感染していきます。

 

感染した犬の体内でミクロフィラリアは更に成長して、最終的には20〜30cmの長さの成虫になって犬の心臓動脈で生き続けながら更に子供を産んで数を増やしていきます。

 

成虫が心臓に入った犬は、やがて血液の循環が悪くなり苦しんで死を迎える事になってしまいます。

 

人間も当然このミクロフィラリアを持った蚊に刺されますが、一般的には体内の防衛システムである白血球が攻撃をして殺してしまいますので、ます人間の体の中では生きていけません。

 

犬ではこのシステムがフィラリアに働きませんので、感染しますと大きく体内で育ってしまいます。

 

先ほど、一般的と人の説明に付けましたように人によっては、この免疫システムが上手く働かず体内で犬と同じ様に成長してしまい。肺の部分にとどまる事が稀にあります。

犬のフィラリア予防

人間の場合には心臓に近い肺動脈までフィラリアが達する事はありません。

 

ですが、肺に溜まったフィラリアの正中を胸のレントゲンを撮ると影となって映し出されますので、調べてみたらフィラリアの成虫がいたなんて事もあるそうです。

 

ですので、犬を飼っている人はそのような確率がそうでない人に比べるととても高くなりますので、万が一を考えますとやはりフィラリアの駆除をしておくことがとても重要な事になります。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ